信頼のコールドチェーン輸送 CRYOPDP

保管サービス

極低温保管管理サービス

CRYOPDPでは、安全かつ手頃な料金で短期、長期でのバイオ医療関連試料の保管管理サービスを提供しています。お客様のご要望にカスタマイズされたサービスの提供に努めています。当社の極低温保管施設は、地震、津波、台風、洪水といった自然災害が非常に少ない場所に所在しています。このロケーションは、お客様のバイオ医療関連試料のメインあるいは二次的な保管施設として理想的です。

当社では、このサービスを製薬会社およびバイオテクノロジー企業、研究室、研究機関に提供しています。



ヨーロッパに4つの拠点を保有

安全上の理由、震災や予期せぬ事故から大切なサンプルや研究資源を守るためそれらを海外に保管することを希望するお客様がいらっしゃいます。リスクヘッジとして世界の複数の場所に重要な資源を保管することはビジネスを末長く続けるために重要なポイントです。地震や災害の少なさからヨーロッパは凍結サンプルの保管場所として適しており、CRYOPDPは欧州の4つの都市にバイオ医療関連試料の保管管理サービスの拠点を保有しております。

○ドイツ  Sarrebruk
○ドイツ Krefeld
○フランス  Paris
○イタリア Milan

これらの拠点では、サンプルの性質や特徴、保存温度帯によって的確にお客様の貴重なサンプルをお預かりしています。

CRYOPDP は日本以外にもヨーロッパの4つの拠点をにて極低温保管管理サービスをご提供させていただきます。



生体サンプル保管にCRYOPDPが適している理由

○短期および緊急保管に対応
○長期保管にも対応
○バイオマテリアルに容易なアクセス

○温度管理輸送
○輸送中の貨物追跡情報の提供
○セキュリティーの行き届いたアクセス

○温度監視システム
○お客様のスペースの有効活用
○お客様の資金とリソースを研究開発に集中
○カスタマーサービス



保管可能な試料

○細胞株
○血液
○iPS 細胞
○臍帯血
○血漿
○DNAサンプル
○幹細胞
○IVFサンプル(動物由来に限る)
○受精卵(動物由来に限る)



保管サービス料金は複数の要素に基づいて算出されます

○保管するサンプル数。
○試料の保管期間。
○アクセス行為の頻度
○サンプル輸送時のドライシッパーの利用頻度。
○依頼されたサービスの提供にかかる経費。



ページトップへ戻る